女の人

鍵や住居にまつわるトラブルはプロにおまかせ|スピーディーに解決

警備の重要性

警備員

博物館やビルなどで警護をするガードマン。建物周辺や建物内を巡回して異変がないかを確認したり、侵入者の静止や通報を行なったりします。時には駐車場やイベント会場で、混雑時の誘導や警護を行なうこともあります。ガードマンがいるというだけで、格段にセキュリティ精度は上がり、犯罪の抑制にも効果が発揮できるでしょう。深夜、人気のない建物には泥棒や強盗が目をつけてくる恐れもあります。鍵をかけているだけでは、時間をかければ解錠できるので安全とはいえません。また、多くの場合は窓を割っての侵入ケースがほとんどです。窓が割れた時に警報だけでなく、誰かが来る場合には泥棒なども長居はできません。ガードマンが常にウロウロしているともなれば、まず「ここはすぐガードマンが来る」と警戒もされますし、大体のケースなら泥棒や強盗も、この時点で襲撃計画を取りやめるものです。取りやめなかったとしても、何人かで警備しているガードマンを一人避けても残りのガードマンに通報や確保されることが考えられます。泥棒や強盗にとってかなりリスクが高くなるのです。このため警備が表にいるだけで、多くの場合は侵入しようという泥棒は少ないでしょう。世の中には、金のためなら何でもするほど切羽詰まってしまっている人も多くいます。重要な機密や、財産を守るためにはこうした対抗策を講じることが大事です。また、しっかりした防犯が、切羽詰まった他人の人生を悪の道への転落から救うことになるかもしれません。